木製家具に使われる素材のには主に3つの種類があります。
「無垢板」と「突板(つきいた)」「化粧合板」それらの特徴、メリット・デメリット、違いなどをお話します。
<無垢材>
木の素材そのままに利用するもの。使えば使うほど独特な風合いが出て、突板にくらべかなり重厚感があります。特に一枚板になると割れや狂いが生じやすく、樹種にもよりますが価格が突板にくらべ数倍になります。
<突板(つきいた)>
0.2mm~0.5mm木を薄くスライスしてベニヤ板やMDF、パーチクルボードなどに貼りつけたものを指します。安価に天然の木目を味わえ、合板なので反りや割れが少なく現在、天然の木製家具は突板仕上げが主流です。
<化粧合板>
一般的に「ポリ」「ポリ板」などと呼ばれており、化粧紙と合板等を貼り合わせた上にポリエステル樹脂を塗布し、
フィルムをかけてロールで樹脂を延ばして硬化させたものです。コストパフォーマンスに優れます。
表面強度が強いメラミン化粧板もあります。〇無垢(無垢材)のメリット

・経年変化が楽しめる
・傷も味になる
・重重厚感がある
・寿命が長い
〇無垢(無垢材)のデメリット
・割れや反りが出る
・メンテナンスが必要
・価格が高め
〇突板のメリット
・狂いが少ない
・価格が低め
・軽い
〇突板のデメリット
・剥離する恐れがあり、傷つきやすい家具には不向き
・寿命が短い
〇化粧合板のメリット
・品質が一定で機能的
・狂いが少ない
・価格が低い
・軽い
〇化粧合板のデメリット
・天然木と違い味気ない
・環境に負荷がかかる
・剥離する恐れがあり、傷つきやすい家具には不向き
・寿命が短い性質を理解し、自分の生活に合わせて素材を選んでみてはいかがでしょうか。
・コスト重視であれば化粧合板
・天然木の風合いを楽しみたけれが突板か無垢材